洛西ニュータウンは、京都市の事業として1969 年に都市計画決定、事業決定され、その後、京都大学上田研究室によるマスタープランをもとに、設計・工事が行われ、1976 年より入居が開始された、緑豊かで、きわめてすぐれた特徴を持った山紫水明のニュータウンです。

 ところが、まち開きから35 年がたち、樹木が大きく育った一方、強剪定による立ち枯れや混植による街路景観の不統一などが見られ始めています。

 まち全体が、緑豊かで、きわめてすぐれた特徴を持ち、落ち葉の有効利用など住民の緑に関する意識も高いことから、洛西ニュータウン創生推進委員会では、京都市の一般市街地とは違った、洛西ニュータウンのための緑の管理に関する指針が必要ではないかということになり、この「提言書」を作成いたしました。

 この「提言書」は、計画当初の優れた「デザインポリシー」をもとに、洛西ニュータウンの特徴ある植栽を生かし、さらに豊かで美しい緑環境を形成・管理していくための基本指針です。

 

 

市長へ提言書提出
緑の提言書0306.pdf
PDFファイル 146.0 KB
市長からの回答
「緑のまちづくりに向けた提言書」について(回答).pdf
PDFファイル 262.3 KB
「洛西ニュータウン緑のまちづくりに向けた提言書」本文
緑の提言書本文130226最終.pdf
PDFファイル 413.9 KB